北欧はこんなところ

北欧は夢だと思っていたら、ひょんなことからスウェーデン、ノルウェイ、フィンランドと添乗員として行くことになり、北欧に魅せられ、その思いをお伝えできればいいなあ。私が思うには北欧の人は兎に角人なつっこい性格で穏やかです。その反面?照明器具や家具などは斬新な色使いやえ?と思うほどの形状のインテリアがある。そんな北欧らしいセンスのよい照明や家具などのインテリアや北欧の雑貨などをご紹介します。北欧の動画などを貼り付けましたのでお楽しみください。

ノルウェーの小さな島で銃乱射事件勃発

ノルウェーのオスロ郊外の小さな島ウトヤ島で銃乱射事件が起きました。
92人が犠牲になったそうです。
与党・労働党の政治集会に参加していた若者を襲った。

警察官のようないでたちのブレイビク容疑者が
一列に並ばせ、銃乱射。
逃げ惑う人たち、海に飛び込んで逃げようとした人たちへ
向けて散弾銃乱射。

私はノルウェーのベルゲンしか行ったことはないですが
会う人会う人すごく人懐っこくて癒されたことを思い出します。

この事件に遭遇した人たちの精神が元の素敵な状態なることを祈るばかりです。
そして、二度とこのような事件起きてほしくないものです。

儲かる仕事

携帯電話ノキア、巨大ノキア

北欧、空想旅行の皆様、ちょっと失礼。
ニュースです。

巨人ノキアのお膝元、日本とは顔ぶれ異なる携帯電話機

Nokiaの本拠地、フィンランドを含む北欧諸国は、第 1世代の無線通信方式NRTが生まれた場所。Nokiaはこれを活用したメーカーだが、同社以外にも北欧で携帯電話メーカーが生まれた。スウェーデンのEricssonだ。同社はNRT、GSMの仕様開発にかかわった通信機器メーカー。
http://japan.cnet.com/column/europe/story/0,3800077429,20349464,00.htm

日本の携帯電話はこことあそこ、そして。

が、欧州へ行くと日本の携帯電話メーカーは影が薄いらしい。でも、日本ガンバレ、北欧がんばれ。

母親指標、北欧が独占

世界で最も母親になるのに適した国はどこ?

今回「母親指標」で1位となった国はスウェーデンで、上位3カ国は北欧が独占している。また、反対に最下位はニジェールで、ワースト10のうち9カ国がサハラ砂漠以南のアフリカ諸国という結果になっている。ちなみに、今回日本は「母親指標」で29位、「女性指標」で33 ...

この続きは
http://vcount.ameba.jp/click/click.cgi?id=27667

母親指標、北欧が独占

世界で最も母親になるのに適した国はどこ?

今回「母親指標」で1位となった国はスウェーデンで、上位3カ国は北欧が独占している。また、反対に最下位はニジェールで、ワースト10のうち9カ国がサハラ砂漠以南のアフリカ諸国という結果になっている。ちなみに、今回日本は「母親指標」で29位、「女性指標」で33 ...

この続きは
http://vcount.ameba.jp/click/click.cgi?id=27667

北欧マネジメント

北欧ニュース
(最終回)「北欧型マネジメントのエッセンス」

そうではなくて、視点をやや変えて、北欧のスウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランドなどに焦点を絞って、ヨーロッパの中でもユニークな位置を占める、これらの国々に共通した特徴を持つマネジメントはどんなものかを見ると、今回の名言が生まれる背景が ...

続きはこちら

北欧でドラゴンボールオンライン

北欧
北欧で『ドラゴンボールオンライン』の裏話が飛び出すか!?
goo ゲーム
Nordic Council of Ministers(北欧閣僚理事会)は2007年5月15日(火)・16日 (水)、スウェーデンのマルメ市にある「マルメ・エキシビション&コンベンションセンター」において「Nordic Game 2007」(ノルディック・ゲーム2007)を開催することが決定。 ...

この続きは

フィンランド航空ニュース

フィンランド航空、子会社譲渡でノルウェー・エアシャトルとの協力強化へ
トラベルビジョン
LFは03年からAYの傘下に入り、ストックホルムをベースとしたスウェーデン国内線や北欧の近距離国際線、ヨーロッパ内チャーター便を運航しており、06年度の年間総旅客数は120万人。一方DYはスカンジナビアのLCCで、ノルウェー国内線を10路線、国際線を83路線運行

フィンランド航空( -こうくう、Finnair、フィンランド語:Finnair Oy フィンナイル・オイ)は北欧フィンランドのナショナル・フラッグ・キャリアである。ヘルシンキ・ヴァンター国際空港をハブにしてフィンランド国内、ヨーロッパ内、アジア・アメリカ方面などへ路線を展開している。フィンランド航空及び子会社はフィンランドで国内線及び国際線の両方で航空旅行市場で優位に立っている。フィンランド航空はワンワールドの一員である。2004年には810万人の利用客がいた。路線網は国内16都市、国際約55都市におよび、加えていくつかのチャーター便を運行している。wikipedia

1923年に民間航空会社として設立されたその名も「アエロ・オイ(フィンランド語で航空会社の意)」が前身で、同社は1924年にヘルシンキとエストニアの首都タリンの間で水上飛行機により運航を開始したが、1936年には飛行場が建設されて早くも水上飛行機の時代は終わった。その後1946年に政府が同社の株式の3分の1を買収して1954年にはヨーロッパ各地への路線を拡大。1955年には西側の航空会社として初めてソ連の首都モスクワに乗り入れた。東西諸国間の架け橋となったフィンランドの航空会社ならではの現象といえるだろう。

現在の社名になったのは1968年で、翌年に初の北大西洋便となるニューヨーク線を開設し、ヘルシンキ・ヴァンター空港ターミナルがオープンした。日本への乗り入れは1983年4月だが、ここでフィンランド航空は、当時の日欧路線では考えられないような発想を日本路線に持ち込んだ。保有していたDC-10型機のうち1機の燃料タンクを増強し、3クラス200席強の旅客キャパシティでの10時間を越えるノン・ストップ飛行を可能にし、この機材を日本路線の専用機材と位置付け、ベーリング海上空経由のノン・ストップで結ぶ路線として話題になった。また、成田に到着した機材をその日のうちに折り返さず、1日ステイさせて折り返すスケジュールを組んだことで、同社が古くから誇りとしている定時性の確保も図られ、同社は日本でも「絶対に遅れないエアライン」としても注目を集めた。旧ソ連が崩壊した1991年からはシベリア上空通過ルートとなり、所要時間が大幅に短縮した。1994年から数年間、ムーミンやサンタクロースの特別塗装機(いずれもダグラスDC10型機)で話題を呼んだ。

2006年12月現在、ヘルシンキから成田国際空港へ週4便、関西国際空港へ週4便、中部国際空港へ週4便を運航している。機種は、成田線はエアバスA340-300、関西、中部線はマクドネル・ダグラスMD-11型機を利用している。2006年1月のヴァリグ・ブラジル航空 の運休に伴い、現在MD-11型機を日本路線に定期就航させているのは同社だけである。世界的に見ても、MD-11型機を旅客定期便として使用しているエアラインは決して多いとはいえない。

ハブ空港はヘルシンキ・ヴァンター国際空港であるが、第二ハブ空港としてスウェーデンストックホルムのアーランダ国際空港がある。
wikipedia




北欧の夏は貴重です

北欧に一度行ったら分かること。それは、夏短くて、冬が長いこと。北欧に行くには6月7月8月がいい。いわゆる観光シーズンというやつです。そんなところに住んでいる人たちに取って夏は貴重なシーズンなのかなあ。ここに、その象徴するようなニュースがあります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。