北欧はこんなところ

北欧は夢だと思っていたら、ひょんなことからスウェーデン、ノルウェイ、フィンランドと添乗員として行くことになり、北欧に魅せられ、その思いをお伝えできればいいなあ。私が思うには北欧の人は兎に角人なつっこい性格で穏やかです。その反面?照明器具や家具などは斬新な色使いやえ?と思うほどの形状のインテリアがある。そんな北欧らしいセンスのよい照明や家具などのインテリアや北欧の雑貨などをご紹介します。北欧の動画などを貼り付けましたのでお楽しみください。
Google
 
>がん(癌)と告知されたあなたへ、食事療法でがん(癌)と闘いませんか<

オーストリアと言えば

オーストリアは、ドイツ語を母語とするオーストリア人は全人口の91.1%を占める。血統的にはゲルマン系にスラヴ系、ラテン系、ハンガリー系、トルコ系などが入り混じっており雑多であるが、ゲルマン系言語であるドイツ語を母語とするためオーストリア人は通常ゲルマン民族とみなされる。

オーストリア人はドイツ人に含まれるのか、という問題は戦後意識的に避けられてきたが、近年急速にクローズアップされている。元々オーストリアはプロイセン、バイエルン等と同じくドイツを構成する分邦のひとつであり、しかも12〜19世紀の間、オーストリア大公家であるハプスブルク家がドイツ帝国(神聖ローマ帝国)の帝位やドイツ連邦議長国の座を独占していた。

そのため、オーストリア人こそ新興のプロイセン人などよりむしろドイツ民族の本流であるという考え方が20世紀前半までは残っていた。 よく、オーストリアは南端に位置しハンガリーやスラブ諸国との交流が深いため、ドイツ民族としての純度は低いという論があるが、これは北端にあってポーランドと関係密接なプロイセンとて同様であり、神聖ローマ帝国が形骸化していたとはいえ長年ドイツ諸邦の盟主であった歴史は無視できない。 オーストリア・ハンガリー二重帝国の崩壊によって、オーストリアの国土がドイツ人居住地域に限定されると、左右を問わずにドイツへの合併を求める声が高まり、一時は「ドイツ・オーストリア共和国」という国名を名乗ってさえいた。

しかし、この立場によって惨禍を招いたオーストリア人・ヒトラーへの反省から、戦後は「ドイツ人と異なるオーストリア人」という国民意識が誕生し浸透した。三つの国家(オーストリア、東ドイツ、西ドイツ)、二つの国民、一つの民族と呼ばれた時代である。ドイツ人と別個の国民であるのはもちろんのこと、エスニシティにおいてもドイツ民族とは異なるオーストリア民族であるという概念を唱える人も現れた。しかしながら、ドイツ統一、欧州連合加盟以降、ドイツ民族主義が再び急伸。2000〜2007年にかけて、ドイツ民族主義者系の極右政党が連立与党に加わり国際的に波紋を呼んだのもそうした風潮と関連している。
wikipedia
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。