北欧はこんなところ

北欧は夢だと思っていたら、ひょんなことからスウェーデン、ノルウェイ、フィンランドと添乗員として行くことになり、北欧に魅せられ、その思いをお伝えできればいいなあ。私が思うには北欧の人は兎に角人なつっこい性格で穏やかです。その反面?照明器具や家具などは斬新な色使いやえ?と思うほどの形状のインテリアがある。そんな北欧らしいセンスのよい照明や家具などのインテリアや北欧の雑貨などをご紹介します。北欧の動画などを貼り付けましたのでお楽しみください。

ハプスブルク家

ハプスブルク家

ハプスブルク家はスイス東北部のライン川上流域に出自を持つ。ハビヒツブルグ(鷹の城)古城が現存。

この「ハビヒツブルグ」が訛って「ハプスブルク」になったと考えられている。1273年にハプスブルク伯ルドルフがドイツ王(皇帝に戴冠していない神聖ローマ帝国の君主)に選出されて世に出た。

ルドルフ1世は、1278年ボヘミア王オタカル2世をマルヒフェルトに破り、1282年にオタカル2世の所領であったオーストリアを息子に与え、ドイツの東南地方に勢力を広げる。これ以降、ハプスブルク家は徐々にスイスの領土を失ったこともあって、もっぱら軸足をオーストリア地方に移す。

1308年にルドルフの子アルブレヒト1世が暗殺されてから一度ドイツ王位(帝位)を失うが、オーストリア公として着実に勢力を広げ、やがてルドルフ4世がオーストリア大公を自称した。

1438年にアルブレヒト2世がドイツ王になってからはドイツ王位を完全に世襲化することに成功し、1508年にマクシミリアン1世がローマ教皇から戴冠を受けずに皇帝を名乗り始める。

この頃、婚姻関係からハプスブルク家はブルゴーニュ公国領ネーデルラントとスペイン王国とナポリ王国を継承し、皇帝カール5世のもとでヨーロッパの大領土を実現した。当時のスペインは中南米を植民地として支配していたため、カール5世の領土は「日の沈まぬ」大帝国であった。

さらにカール5世の弟フェルディナントがハンガリー王、ボヘミア王に選出されたため、ハプスブルク家は東欧における版図を飛躍的に拡大した。

カトリックの擁護者としてプロテスタントと戦ったカールは、1521年に祖父マクシミリアン1世の所領を弟フェルディナントと分割したため、ハプスブルク家はスペイン系ハプスブルク家とオーストリア系ハプスブルク家に分かれた。1549年に取り交わされた協定で弟フェルディナント1世の子孫が神聖ローマ帝国の帝位を世襲することになった。
wikipedia
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。