北欧はこんなところ

北欧は夢だと思っていたら、ひょんなことからスウェーデン、ノルウェイ、フィンランドと添乗員として行くことになり、北欧に魅せられ、その思いをお伝えできればいいなあ。私が思うには北欧の人は兎に角人なつっこい性格で穏やかです。その反面?照明器具や家具などは斬新な色使いやえ?と思うほどの形状のインテリアがある。そんな北欧らしいセンスのよい照明や家具などのインテリアや北欧の雑貨などをご紹介します。北欧の動画などを貼り付けましたのでお楽しみください。

ベルゲン、ノルウェー

ベルゲン (Bergen) とは、ノルウェー王国ホルダラン (Hordaland) 県の中心都市。ノルウェー第2の都市(周辺町村との大合併がなされた)。人口242,854人(2006年4月1日)、面積465.3 km²。北緯60度24分、東経5度20分に位置する。

ノルウェー南西沿岸地方にあり、市街地は静かなフィヨルドに面して広がる。ノルウェー海にはフィヨルドと島で形成される複雑な水路でつながっており、西ノルウェー随一の天然の良港として発展してきた、港湾都市、商工都市。古代はノルウェー・ヴァイキングの拠点が置かれたが、本格的な都市の建設は1070年にノルウェー王オーラヴ・チッレ Olav Kyrreによって自治都市の設置が認められてからのことである。ベルゲン半島の東側から港が形成され,王が時々滞在する街として飛躍的に発展を遂げた。

1240年にはトロンハイム(ニーダロス)に替わってノルウェー王国史上2番目の首都となり,1299年にオスロへ遷都されるまでホーコン・ホーコンソン Håkon Håkonsson王の王宮が置かれた。1236年には、ドイツのハンザ商人によって商館が建てられ、13世紀末には、ハンザ同盟 (Hanseatic League) の四大重要都市として君臨。各地から商人、職工が集まり、現在のブリッゲン (Bryggen) 地区の旧市街(世界遺産)を形成した。ベルゲンの重要性は,ハンザ商人が独占した、ノルウェー海の海産物(特に北部ノルウェーの干しダラ)の交易によるものだった。1830年代まではノルウェー最大の都市であり,現在も西ノルウェーの経済、文化の中心である。

ベルゲンはノルウェー人にも外国人にも人気のある観光都市で,ヨーロッパ最大の客船寄港地の一つである。ベルゲンはフィヨルド探索の拠点として知られ,沿岸急行航路の出発点であり,ベルゲン鉄道の終着駅である。デンマークのハンストホルム (Hanstholm),ヒルツハルス (Hirtshals),イギリスのニューカッスル,アイスランド,フェロー諸島へのフェリーも出る。ベルゲン空港フレスラン (Flesland)は,ベルゲンの国際空港である。 ベルゲンには1946年に大学が創設された。ベルゲン大学は,今日では約17000人の学生と,3000人の職員を擁する。また市内には複数の研究所,例えば海洋研究所,NIFES,そしてクリスティアン・ミケルセン研究所 (CMI)がある。また,国の漁業管理庁がある。ベルゲンは1972年にホルダラン県に編入されるまでは,特別市だった。 2000年にはヨーロッパの文化首都にも選ばれた。市内には作曲家グリーグ (Grieg) の家とグリーグホール (Grieghallen) などがあり、世界各地から音楽を学びに留学する学生も多い。

ベルゲンは7人の娘と称されるサンドヴィーク山 (Sandviksfjellet),ルンネマーネン (Rundemanen),フロイエン (Fløyen),ウルリーケン (Ulriken),レーヴスタッケンLøvstakken,ダームスゴース山 (Damsgårdsfjellet),リーデルホルン (Lyderhorn)の7つの山に背後を囲まれる。ベルゲンの市章(Bergenを参照)には,この7つの山が市の基礎として描かれている。ベルゲンの古い名前はBjorgvinといい,山間の牧草地を意味する。ベルゲン市内の最高峰は海抜987 mのグル山 (Gullfjellet)で,アルナ地域にある。
wikipedia
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。