北欧はこんなところ

北欧は夢だと思っていたら、ひょんなことからスウェーデン、ノルウェイ、フィンランドと添乗員として行くことになり、北欧に魅せられ、その思いをお伝えできればいいなあ。私が思うには北欧の人は兎に角人なつっこい性格で穏やかです。その反面?照明器具や家具などは斬新な色使いやえ?と思うほどの形状のインテリアがある。そんな北欧らしいセンスのよい照明や家具などのインテリアや北欧の雑貨などをご紹介します。北欧の動画などを貼り付けましたのでお楽しみください。

ドロットニングホルム宮殿

ドロットニングホルム宮殿

ドロットニングホルム宮殿( - きゅうでん、Drottningholms slott)は、スウェーデン・ストックホルム郊外の小島にある離宮である。この宮殿は、1662年に建設が始められ、1686年に完成した。庭園には、バロック様式が使用された。「北欧のヴェルサイユ宮殿」の勇名を馳せる。

この宮殿は、1744年に結婚したホルシュタイン=ゴットルプ家のアドルフ・フレドリクとプロイセン王女ロビーサ・ウルリカに結婚祝いとして、当時のスウェーデン国王フレドリク1世からプレゼントされた。ロビーサ・ウルリカは、啓蒙主義思想を持つ優れた才女であった。彼女の手によって、ドロットニングホルム宮殿はさらなる発展を遂げるのである。この時代にギャラリーや図書館、劇場が増築され、スウェーデンにおける啓蒙時代を作り上げた。

ロビーサ・ウルリカの息子で1771年に国王となったグスタフ3世も、ドロットニングホルム宮殿を愛し、華やかな文化活動が行われた。グスタフ3世は毎年この宮殿で演劇や舞踏会などを催した。この時代のスウェーデンは、「ロココの時代」と呼ばれている。

ドロットニングホルム宮殿は、グスタフ3世の死後、次第に使用される事がなくなった。しかしその為に王領地の自然は保たれた。また王家の夏の離宮として使用されていくこととなった。1991年には、ドロットニングホルム宮殿を含む王領地が、スウェーデンの文化遺産として、世界遺産に登録された。なお、毎年夏には、観光客用に演劇やオペラが上演されるなど、観光地としても有名である。ちなみに最近、ストックホルムでは、環境問題が起こっているらしく、現在の王家であるベルナドッテ家が居城としている。
wikipedia
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。